結婚式のオープニングムービーを自作する4つのコツ

結婚式の始まりと共に流れるオープニングムービー。せっかくの晴れ舞台ですから、普段ムービー作成をしたことがなかったとしても「作ってみようかな」と考えること人も多くいます。ここでは結婚式のオープニングムービーを自作する4つのコツをご紹介します。
まず、ムービー作成に必要なものが編集ソフトです。有料のものを使って本格的に作成することもできますが、機能が多すぎて使いこなすことが大変になってしまうことがあります。パソコンに標準実装されているソフトでも、簡単なスライドショーや動画の挿入、BGMの指定など基本的な機能は十分に備わっています。初めて作成される方にとっても扱いやすいです。Windowsではムービーメーカー、MacではiMovieというソフトが内蔵されています。どちらも直感的な操作で使いやすいです。
オープニングムービーでは写真などの素材も大事ですが、BGMに何を選ぶかも大切です。オープニングムービーは2分から3分程度が間延びせずに、ちょうど良い長さです。しかし、曲の長さは5分前後のものが多いため自然に組み込むためには編集しなければいけません。前述したソフトで、フェードインやフェードアウトなどで馴染ませることもできますが、最初から動画の長さに合った曲を選ぶと良いでしょう。その曲の時間に合わせて作成することで、自然に仕上がりますし、イメージも湧きやすくなります。
オープニングムービーの素材には二人の写真だけでなく、背景画像や効果音などもあると良いアクセントになります。また、自作だけど本格的に作りたいという人は有料の素材やテンプレートを活用するのも一つの方法です。テンプレートは有料ソフトに対応しているものが多いのですが、ソフトを使いこなす必要がなくクオリティの高いものが作成できます。
最後のコツは色々なサンプル動画を参考にすることです。YouTubeで「結婚式ムービー」などのキーワードで検索すると、多くのムービーを見ることができます。その中からイメージに合うものを選んで参考にすることで、スムーズに作成が始められます。全くの初心者という人でも挑戦してみたくなるムービーがたくさんありますよ。
ここでは結婚式のオープニングムービーを自作するためのコツをご紹介しましたが、プロに任せることもできますし、演出や様々な効果によってクオリティの高いものを作成することは可能です。しかし、どのような写真を使うのか、何が一番思い出深いのかは本人たちが最もよく知っています。二人の思いが詰まっていれば、素人ながらにも味わいある作品になるものです。何より自作することで思い出を振り返ることができますし、苦労したことや実際に見た人の反応なども新たな思い出として残るでしょう。もちろん自作すれば、依頼する費用もかかりませんしテンプレートなどのいくつか素材を購入したとしても安上がりです。ただ、それだけではなく、作る過程も楽しんでいけることが最大のメリットではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です